« 理解できないことだらけ | トップページ | ひたすらポチポチ »

2012年2月22日 (水)

人と人との距離感

 

 

サマソニにデス・キャブ・フォー・キューティーが出る!

大阪にさえ来てくれれば、私がサマソニに行く理由はそれだけで十分だ!

何たって、小6から好きなんだ、ビートルズの次に聴いた好きな洋楽なんだ。

CDは5thアルバムの1枚だけだから、知識は乏しいが、今日までの愛は結構長かった…

専門学校からスタッフとして行くことになるなら、

どうか休憩時間がデス・キャブ・フォー・キューティーの出演時間と被りますように(懇願)

しかもグリーン・デイも出るって。

8年ぶりとか、見とかなきゃ。

去年のティン・ティンズとジョンスペを見逃したことをかなり後悔してんだよ。

行かなきゃ、そしてどうか今年はスタッフとして行くことになるなら、

休憩時間がデス・キャブ・フォー・キューティーとグリーン・デイの出演時間と

被りますように(超懇願)

 

 

でも出来ればOTODAMAのスタッフがいい。

何でかって。

OTODAMAはステージが2つしかない故に、同時に演奏することがないので、

姿見れなくてモッシュにダイブ出来なくても音だけでも楽しむことができるから。

サマソニでは絶対無理やもん。

ただ不安要素があるといえば、キングブラザーズ。

今年は2デイズあるので、出演率が非常に高いと予測。

もしキングが出演して私の休憩時間と被らなければ、

私は是非ともトイレに引きこもりたい。

さらにその上、テントの方での出演になったら、

私は是非ともトイレに立て篭もりたい。

そこだけが唯一の不安要素なのだ。

だからもしOTODAMAのスタッフとして行くときは、

キングブラザーズ、出ないでくれ。

仕事頑張って、キングブラザーズを目の前にして、

踊り暴れれないのは辛い、辛すぎる。

 

 

さて、前置きはこれくらいにして(長い)、

話めっちゃ変わりますけど、タイトルの話です。

距離感、はい。

言葉なしでも何となく感じて何となく通じる、

願わなくてもアンテナが勝手に感知してしまう。

つまり何の話か。

好きって思うと、何となくそれは相手に伝わって、

嫌いって思うと、何となくそれは相手に伝わって、

少し距離を置きたいって思うと、何となくそれも相手に伝わってしまうのです。

恋愛感情抜きで、大抵自分が相手を好きであれば相手からも好かれ、

自分が相手を嫌いであれば相手からも嫌われ、

自分が相手と少し距離を置きたいと思えば相手も一定の距離をとって、

それ以上に無神経にあまり足を踏み入れない、

そんな方程式が出来ることがほとんどだと思います。

でも、好きとか嫌いっていうのははっきりしてていいのですが、

好き(でも嫌いでもない)だけど少し距離を置きたい、っていう立場に置かれたとき、

私はどうしようもない不安と苦しみと黒いモヤモヤを抱えるのです。

そういう立場には今までにも立たされてきたはずなのに、

いざ再びそのリングにあがらされると、対処法がわからず、

嫌になって背を向け、私からも相手を避けてしまうのです。

そしてそこにさらに埋めにくい溝を作り出してしまう。

結果、疎遠になって、悲しみに浸るのです。

 

 

怒髪天のある歌詞にこんなフレーズがあります。

 

 

オレはオレのコト 好きなヤツだけが大好きで

オレはオレのコト キラいなヤツは当然みんな大嫌いさ!

 

 

きっと、私たちはこのフレーズのようなことを高感度のアンテナで

無意識にキャッチして判断を下しているのでしょう。

だからさ、簡単になるように、どっちかにしてくれ。

「好き」か、「嫌い」か、そして解放してくれ。

 

 

面白くするつもりは端からなかったが、真面目に面白くない話になってしまった。

ナイトホークを手に入れて抱いて眠りたい。

 

 

|

« 理解できないことだらけ | トップページ | ひたすらポチポチ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1134637/44218389

この記事へのトラックバック一覧です: 人と人との距離感:

« 理解できないことだらけ | トップページ | ひたすらポチポチ »